株式会社さいとう建設|秋田県美郷町のオール電化住宅、地震に強い家

美郷町 T様 邸
美郷町 T様 邸
いずれ建てようと思っていましたが、赤ちゃんも生まれることだし、アパートの部屋が2階だったこともあり、小さい子がいると大変だと考え、いい機会だと思い家を建てることにしました。 
引っ越しは子どもがまだ6ヶ月くらいで、手のかからないうちに(動き回らないうちに)できたのでよかったです。
設計担当と知り合いで、「家を建てようと思う」と相談したところ今まである在来の工法よりもテクノストラクチャー工法はいいよと勧められて、常設展示場を見に行きました。

テクノストラクチャー工法はメーターモジュールということもあり、階段や和室も広いなと感じました。
また、テクノビームの実物や構造計算書も見ることができて、在来工法よりもコスト的には少しアップするようでしたが、耐震性がいいので安心だと思い決めました。
■  ご主人
 ・二間続きの和室です。
和室を二間続きでつくりたいと言ったところ、若いのに珍しいと言われましたが、自分の実家が殆ど和室で人が集まったときの利便性などを知っていたので、つくりました。
出入り口はそれぞれ別なので普段は襖を閉めていますが、人が多く集まるときは開け放してワイワイやっています。

・1階リビングの掃き出し窓
設計担当からは腰高の窓をすすめられましたが、リビングからテラスに出たかったのと、テラスに庇があるので暗くなるかしれないと考え、
リビングを明るくしたい思いから1箇所掃き出し窓にしました。

■  奥様
・二間続きの和室です。
子どもが小さくリビングが半分遊び場になっているので、LDKと別に和室があるとお客様が来たときに便利ですね。

・対面式キッチン
子どもの様子を見ながら調理することができるので。

・2階のサンルーム
洗濯物干し場が欲しいと思っていました。
お日様を当てたいと思いベランダにしようかとも考えましたが、部屋とつながることでサンダルなどの外履きに履き替えなくてもいいし、夫婦とも働いているので、突然の雨でも安心です。
一番日当たりのいい場所にサンルームを配置してもらいました。

t_b2.jpg前年がめったにないくらいの豪雪の年だったので、冬場の工事で心配していましたが、積雪の少ない年にあたってよかったです。
建築場所が自分の職場に近いということもあり、現場監督(?)みたいに殆ど毎日見に行って、工事中の写真もたくさん撮りました。
冬場ということもあるのか、大工さんの人数もいて工事の進み具合も速かったです。
自分で「マイホーム建築アルバム」を作っちゃいました。
リビングが明るくて、使いやすいです。
設計担当が知り合いということで、こうしたい、ああしたい、と話しやすかったし、設計担当からもこれはできる、構造上できない、などはっきり言ってもらえたので、間取りなど思い通りの仕上がりになり使いやすいです。
オール電化住宅は私たち夫婦は二人とも働いているので、昼間に人がいないのに部屋を暖かくしているのはもったいないと思っていましたが、帰宅した時に暖かいので、オール電化住宅にしてよかったです。
■ ご主人
・リビング
LDKを広くつくることができたので、今は子どもと遊ぶスペースと食事をするスペースとに分けています。

・家の中に段差がないこと。

■ 奥様
・家事の動線
LDKから洗面脱衣室・浴室・トイレなどへ移動できるので家事動線がラクです。

・食品庫
食料品の他に食器棚(普段使わない食器を以前から使用していた食器棚に収納)も置いています。また突然の来客の時には仮置場にもなって助かります。

■ 2歳のボク
t_b3.jpg・LDKかな?
(リビング・ダイニングの約半分のスペースでパパと一緒にプラレールで遊んでいました。)

・テクノストラクチャー工法は実際に建築途中の施工の様子を見ていたこともあり、地震があっても大丈夫という安心感があるので、地震の揺れがきても慌てずにすみます。

・火災保険の保険料が安かったですよ。
 一覧  | 次へ »