株式会社さいとう建設|秋田県美郷町のオール電化住宅、地震に強い家

長期優良住宅について(概要)


長期優良住宅のご案内




長期優良住宅とは、2009年6月4日よりスタートした、国が住宅の長寿命化を普及・支援するための制度です。「つくっては壊す」(今までの住宅)から「いい住宅を建てて、手入れして、長持ちさせる」「リレーのバトンのように次世代へ受け継いでいく」という考え方です。

国が定めた「長期優良住宅基準」に基づいて、地方の行政庁が認定するというもので、認定されると、税金や住宅ローンの金利優遇、保険会社によっては火災保険料が安くなるなどのメリットがあります。


長期優良住宅のイメージ

▲ ページの一番上に戻る





概ね次の項目について、一定の基準を満たしていることが条件になります。

劣化対策 耐震性 維持管理・更新の容易性 可変性 バリアフリー性 省エネルギー性能
居住環境 住戸面積 維持保全計画

長期優良住宅の仕様

▲ ページの一番上に戻る


 



一般の住宅に比べ耐久・耐震化が施されているため少し割高になりますが、(テクノストラクチャー工法はもともと高性能な住宅なのでそんなに工事費がアップするわけではありません。)税金や住宅ローンなどの優遇措置、補助金(※「地域型住宅グリーン化事業(予算)」参照)などが用意されています。




税制優遇


1. 所得税 住宅ローン利用はもちろん、ローンを組まない場合(投資型減税)も減税対象になります。 
 ・住宅ローン減税 一般住宅よりも控除対象限度額が引き上げられます。
 ・投資型減税 住宅ローンを利用しない場合でも性能強化費用相当額の10%をその年の所得税から控除されます。

2. 登録免許税 登記にかかる税率が、一般住宅特例よりも更に引き下げられます。

3. 不動産取得税 1,300万円の控除となり、一般住宅特例(1,200万円)よりも増額減税されます。

4. 固定資産税 一般住宅よりも減税適用期間が延長されます。

特例措置
特例措置




住宅ローン金利優遇制度


長期優良住宅は、【フラット35】での
住宅ローンがお得になります。
【フラット35】S ベーシック(金利Aプラン)
当初10年間の金利が通常より0.3%引下げられます。

※ 平成29年3月31日までのお申し込み受付け分
特例措置



最後に、
今までの日本の住宅寿命は約30年とかなり短命でした。(アメリカ約55年、イギリス約77年)
(木造が弱いというのではありません。法隆寺は約1300歳です。)

新築願望が強い国民性が影響しているとも言われていますが、時代とともに生活様式が大幅に変化するのに伴い、新しい世代のニーズや価値観に合わないということや、空調や給湯などの設備、屋根や壁材、ドア、サッシといった建具や建材がめざましく進化したということもあります。

しかし、日本がこれから迎える成熟社会においては、人口や世帯数が減少していきます。これまでの成長型の社会から、欧米の先進国がそうであるように「長持ちする住宅をつくり、手入れし、受け継いでいく」という考え方が普及していくと思われます。

また、住宅の寿命が延びることは、解体によるCO2削減や資源保護にもつながります。


▲ ページの一番上に戻る